プロフィール

MeijiOtogeLab

Author:MeijiOtogeLab
2012年4月に発足した明治大学音ゲーサークル、Meiji Otoge Laboratoryのブログです。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2014年度春・夏のIR 講評

2014-09-28

2014年度春のIR
前半戦 5/4~5/11
後半戦 5/18~5/25

2014年度夏のIR
前半戦 8/9~8/17
後半戦 8/23~8/31

上記の日程でイベントが開催されました。
春のIRについては4ヶ月以上前の話になりますが、このタイミングでの結果発表となります。

OB・OGの方を含め、春のIRは22名、夏のIRは16名の方に参加していただきました。
参加していただいた方はありがとうございました!

以下、講評です。



 春のIR

春のIRはIR対象機種全機種を使用してのIRでした。
弐寺、ポップン、指、リフレク、ボルテ、DDR、ギター、ドラムの8機種です。
課題曲は

弐寺、リフレク、ボルテ、ドラム
 …FLOWER
ポップン、指、DDR、ギター
 …only my railgun

でした。

FLOWERは全体的に高難易度なため、点数が伸び悩んだなという印象です。
MOLの中では割とプレイヤー層が厚いリフレクとボルテでは高得点を出せる方も結構居ました。
弐寺はスコアが出しにくい譜面、ドラムは層が薄いことから結構やりにくかったのではないかと思います。
ドラムに関しては全員が係数による難易度調整でスコアを提出しています。
他の機種でも今までのIRよりは難易度調整でスコアを提出した方が多かったと感じました。
この制度は、難しい譜面にチャレンジをするよりも難易度を下げてでもスコアを狙ってほしいという意味合いで作りましたので、難しい譜面が多かった今回のIRでは効果が発揮されたかなと思います。

一方、only my railgunは全体的にやりやすかったと思います。
ポップンとギターは層が薄いため苦戦して難易度調整で提出した方も多かったですが、指とDDRは全体的にスコアが高かった印象です。
指はエクセが3人でした。

初めての全機種でのIRでした。
オールラウンダーな方は楽しいと感じていただけたら幸いですし、特定の機種しかやらない方は面倒で未提出が多かったかもしれません。
毎年春のIRはこのスタイルで行く予定なので、来年も全機種IR楽しんでいただけたら嬉しいです。



 夏のIR

夏のIRの対象機種はポップン、ボルテ、リフレク、ギターでした。
課題曲は以下の通りです。

 pop'n music
SUN/光線(デスボサ)
メニメニマニマニ

 SOUND VOLTEX
ナツノメイロ
華陽炎 -Hana Kagerou-

 REFLEC BEAT
灼熱Beach Side Bunny
milky ice bear

 GuitarFreaks
轟け!恋のビーンボール!! ~96バット砲炸裂!GITADORAシリーズMVP弾!~
Summer Holiday

ポップンはデスボサとメニマニです。
どちらの曲も、スコアを出せる人は出せる、出せない人は出せないという形だったと思います。
これはやはりポップンのプレイヤー層の薄さからくるものでしょう。
日頃からポップンをやっている方はスコアが高めで、IRのときだけやっていただける方はスコアが伸び悩んでいます。
これはプレイヤーの皆さんの問題ではなくて、課題曲の難易度設定の問題でしょう。
現在は簡単な方をレベル40近辺、難しい方をレベル45近辺から見つけるということになっていますが、レベル3~5ずつ下げた方がもっと皆さんが楽しめる課題曲になるかもしれないと思いました。
これはこさいんだけの意見でなくて、複数の方と導きだした意見です。

ボルテはナツノメイロと華陽炎です。
簡単な方が華陽炎、難しい方がナツノメイロという想定ですしレベル的にもそうなんですが、スコアは全体的にナツノメイロの方が高い気がします。
華陽炎はソフランがあったり24分が多かったりとスコアが出にくい要素が多いので仕方ないかもしれません。
それでも全体的にスコアは高く、ボルテの層の厚さを感じました。

リフレクは灼熱とmilky ice bearでした。
milky ice bearはレベル9にしては面倒だったかもしれませんが、IRスコアが98%を超えてる方が多いのでしっかりと詰めていただいたんだと思います。
灼熱は弐寺では皿譜面であまりにも有名ですが、リフレクでは完全なトリル譜面です。
トリル以前に上下振りも激しいですしそもそも10+なので、リフレクでは珍しく上位と下位でスコアの差が大きかったように思います。
春のFLOWERは10+の中でも簡単な立ち位置だったのでそこまで差は開かなかったんですが、灼熱レベルになるとIRの課題曲にするのは控えた方がいいかもしれませんね。

ギターはビーンボールとサマホリです。
個人的には、ギターが一番夏っぽい課題曲が選ばれたなと思います。
(ギターをプレーしていただいた方)=(全課題曲をプレーしたいただいた方)ということになったので、はっきり言って凄く人気が無かったなと感じます。
スコアのバラつきも恐らく、今までのIRの中で一番大きいですね。
高エントロピーです。



 春と夏のまとめ

ポップンとギタドラに関してはスコアのバラつきが特徴的ですが、難易度調整を利用してプレーしていただけるのは開催側としては嬉しい限りです。
しかし、あまりにも実スコアの欄がカラフル(黄と青だけですが)なのを見ると課題があるなと思いました。
ポップンとギタドラのプレイヤー層が厚くなることが一番の盛り上がりに繋がるんでしょうが、それは無理なお願いです。
より皆さんに楽しんでいただけるようなイベントを作れるように、精進したいと思います。



ちなみに、9月のマンスリーイベントは参加者がOB・OGの方を含め24名でした。
マンスリーイベントの参加者がIRの参加者を越えるのは予想外でした。
ポイントはIRに比べて入りませんが、同じMOLのイベントです。
楽しんでいただけたなら嬉しいです。

春のIR、夏のIR、9月のマンスリーイベントの結果は以下のWikiのページをご覧ください。
春のIR
夏のIR
9月のマンスリーイベント

2014年度も残り半分くらいですが、イベントや合同活動などを通して盛り上げていきたいと思います。
今後もMOLをよろしくお願いします。
【こさいん】

スポンサーサイト

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。