プロフィール

MeijiOtogeLab

Author:MeijiOtogeLab
2012年4月に発足した明治大学音ゲーサークル、Meiji Otoge Laboratoryのブログです。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2014年度冬のIR 講評

2015-03-27

 日程

前半戦 2/7~2/15
後半戦 2/21~3/1

 課題曲

 beatmania IIDX
snow storm
MIRACLE MEETS

 REFLEC BEAT
Colorful Cookie
London EVOLVED

 SOUND VOLTEX
TYCOON
Mist In Hell

 GuitarFreaks
キケンな果実
KAISER PHOENIX



上記の通り、2014年度冬のIRが開催されました。
18名の方に参加していただきました。
参加していただいた方はありがとうございました!

結果はWikiの方に掲載しています。
こちら

以下、講評です。



弐寺は簡単な方がsnow storm、難しい方がMIRACLE MEETSということでした。
難易度的にはこれで合ってますが、スコアの出しやすさの観点では、多くの方が逆に感じたのでは無いかと思います。
MIRACLE MEETSでは多くの方がAAA判定を出してる一方、snow stormは伸び悩んだかという印象です。

リフレクはColorful Cookieが単調でスコアが出しやすく、London EVOLVEDはソフランもありスコアが出にくかったと思います。
結果もこの通りになっていますが、全体的に高めだと思います。

ボルテはTYCOONとMist In Hellです。
TYCOONは登場時には14の中で難しいとか言われてた記憶があるんですが、今回の結果はそんなの無かったと言わんばかりの高得点な気がします。
Mist In Hellもレベル15ながら、全体的にスコアが高いです。

ギターの講評は二極化という言葉で片付いてしまいそうです。
ギタドラはやっている人は強いんですが、日頃からメインでやる方は自分含め非常に少ないのでIR時のこの結果は仕方ないような気がします。
今回に限らずですが、IRやマンスリーイベントのためにギタドラに触れていただいてる方はありがとうございます!



 まとめ

IRは今回で7回目になりますが、2機種で理論値が出たのは初めてでした。
高ピカ君としぐま君は理論値おめでとうございます!
ボルテとギターのみならず、今回の結果は全体的に上位層の点数がかなり高いように思いました。
リフレクに関しては手前味噌で恐縮ですけど、ランキングに載ってるんで許してください。
ボルテはIR当初はレベル15を入れないようにしようという方針でしたが、前回のカプサイシンや今回のMist In Hellを見た感じ、レベル15も大丈夫かなという印象です。
参加人数は比較的少なめでしたが、密度の濃いIRだったのではないかと思いました。



合同活動や交流会の結果はまだ更新できていなくて申し訳ないですが、もうしばらくお待ちください。
2月から3月にかけてイベントが多くありましたが、参加していただいた方はありがとうございました!

また、大学入試の方は落ち着いたのではないかと思います。
MOLは非公認サークルなのでキャンパス内では勧誘出来ませんが、新メンバーをお待ちしております。
ゲーセンでの新歓イベントも企画したいと思いますので、よろしくお願いします。

参加希望の方はこちらをご覧ください。

今後もMOLをよろしくお願いします。

【こさいん】

スポンサーサイト

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

2014年度秋のIR 講評

2015-01-05

 日程

前半戦 11/8~11/16
後半戦 11/22~11/30

 課題曲

 pop'n music
走れメロンパン(フォーエバーフレンズ)
防人恋歌(万葉歌)

 jubeat
Amalgamation
ロストワンの号哭

 SOUND VOLTEX
幻想のサテライト
C18H27NO3

 DrumMania
カタルシスの月
SCREW DRIVER



上記の通りに2014年度秋のIRが開催されました。
OB・OGの方を含め、23名の方に参加していただきました。
参加していただいた方はありがとうございました!

以下、講評です。



ポップンは夏のIRの課題曲よりも難易度が2つずつ下がっている形になりました。
MOLの皆さんの頑張りが大きいですが、点数は全体的に良くなったと思います。
IRスコア180.00が一つの壁かなという感じがしますが、半分以上の方が180.00を超えているので非常に良かったと思います。
皆さんもやりやすいと感じていただけたなら幸いです。

指は難しい方のロストワンの号哭もレベル10の中では簡単な部類と言うことで点数が良い方が多い印象です。
アマルガは判定が早めだったりスライドに頼る部分もあったりして、中にはアマルガよりもロストワンの方が高いという方も居ました。
IRスコア198.00を超えてる方が半分近くいらっしゃるので、もう少し難易度上げても良かったかなと思います。
あまり難易度を上げても楽しめない方が出てくるので慎重に行きたいですが、この点数分布を見ると難易度を上げたいという感じです。

ボルテは難易度がかなり高くなりましたが、対応出来ている方が多かったです。
元々はレベル15は入れないスタンスでしたが、簡単な方が14で難しい方が15というインフレ具合です。
点数分布的には丁度良さそうな感じもしますが、MOLはボルテが上手い層とそうでない層の差が激しい気がするので、難易度選びは慎重に行いたいところです。
IRの課題曲でレベル15を選ぶにしてもカプサイシンあたりが限界かなと思いました。

ドラムは上位2名の点数の高さが目立ちますね。
黄色や青で提出する方も多いので、もう少し課題曲の難易度を下げた方がいいという印象です。
これについては対策を考えたいところです。
あまりギタドラ層が厚くないですが、11名の方に参加していただいて非常に良かったと思います。



 まとめ

指とボルテの点数分布が上位に固まっていて、ポップンとドラムが上手い層とそうでない層で分かれているというのはいつも通りかなという印象です。
今回のポップンに関しては、全体的にスコアが出ていると思いますが。
ドラムに関しては課題曲のレベルを6.50以下に制限した方が皆さんもっと楽しめるのかなと考えます。
IRで楽しめる要因としては、課題曲の良さもあると思いますが課題曲の難易度もかなり大きいと思います。
課題曲投票は、皆さんの投票に基づいているので幹部会は手を加えないんですが、ギタドラに関しては少し手を加えた方が良さそうな気もしてきました。



現在は1月のマンスリーイベントが開催中です。
音ゲーやMOLに関係していたりしなかったりする実力テストを解いてもらうイベントです。
実際にプレーするというところからはかなり離れた新しいタイプのイベントになってます。

昨日1/4には、秋のIRの打ち上げ兼新年会で冬のIRの課題曲を発表しました。
合同活動や新年会の報告は、前の記事に書いてあります。

今後もMOLをよろしくお願いします。

【こさいん】

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

12月のマンスリーイベントと今後の予定

2014-12-21

12月下旬となり、2014年も残すところ10日ほどですね。

忘年会シーズンですが、MOLでは忘年会は行いません。
1/4に新年会を行いますので、MOLとして両方やるを必要は無いかなという考えです。
一部のメンバーで忘年会をやるというのでも、親睦が深められて良いと思います。

MOLとは別のサークルに所属されている方も多いかとは思いますが、くれぐれも""本学公認サークルの飲酒に関して""という告示の対象にならないように気を付けていただきたいと思います。
良識のあるメンバーの皆さんなら大丈夫だと思いますが、MOL規則によればこんな告示の対象となりますと…



12月のマンスリーイベントは昨日12/20に終了しました。
参加していただいた方はありがとうございました!

MOLギタドラビンゴということで、主にGuitarFreaksのイベントでしたがギタドラに親しんでいただけたのなら幸いです。
課題曲の中にはアンコール専用曲や解禁が必要な曲、レベルが高い曲があり、全部埋めるのは元々GuitarFreaksが上手い方でないと無理だったかと思います。
マンスリーイベントなので、全埋めしていただいた方や少しでも多く埋めようと頑張っていただいた方への特別な報酬が無いというのが心苦しいんですが、イベントにしっかりと参加してくださったのは感謝の気持ちでいっぱいです。

結果発表は年内には行いますが、12/25までリザルト送信を受け付けているのでそれ以降の発表になります。
お答えいただいた「好きな曲アンケート」の結果も合わせて結果発表したいと考えています。

また、ギタドラのクイズが2問ありました。
Wikiの結果発表の方でも答えは発表しますが、こちらで先行して答えを発表します。
19番のマスの曲もクイズ形式になっていましたので、こちらも併せて。


2.ギタドラクイズ(ドラム)
問題:ドラムのBSC譜面の難易度が7点台の曲がある、その曲名を答えよ


答え:百鬼夜行
XG2初出の96ちゃんの曲ですね。
難易度が 7.20 / 7.80 / 8.05 となっていて、初心者を寄せ付けない感じです。
BSC、ADV、EXTという難易度の区分ではなく、この曲はEXT1、EXT2、EXT3と考えた方が良さそうです。
ちなみに、BSC譜面はツーバス(所謂、dkdk)に特化した譜面となっております。


3.ギタドラクイズ(ギター)
問題:ギターのMASTER譜面の難易度が9.99の曲は1曲しかない、その曲名を答えよ


答え:一網打尽
V4初出の96ちゃんの曲ですね。
偶然にも、先ほどと同じく作曲者は96ちゃんで曲名も四字熟語です。
俺は狙って出題した訳じゃないんですが、96ちゃんの四字熟語の曲名には気をつけろってことですかね。
ちなみに、幽明異境という96ちゃんの曲がプレアンで遊べます。
一網打尽の話に戻りまして、俺の記憶が正しく情報が古くなければ、一網打尽ギターのMASTER譜面はSS(達成率95%以上)を出した人が居ないと聞きました。
他の機種に例えますと、弐寺のAAA、リフレクのAAA+、指のSSSといった評価をトップランカーでさえ出せないということです。
例えがおかしいかもしれませんが、一網打尽ギターのMASTER譜面がどれほどキチガイかということがお分かりいただけたかと思います。


19.あるセッション専用曲のEXTをクリア

答え:FIFTH GIG
XG2初出のむっちゃんの曲ですね。
ギター5th&ドラム4thのテーマをアレンジしたものになっているそうです。
この曲は、セッションするとFIFTH GIG TYPE IIとなり、難易度的には少し簡単になります。
セッションしない状態では、曲の大部分にBGMが無いことが特徴です。
他の曲ではドラムやギター以外の音が鳴っていると思いますが、FIFTH GIGは無音です。
ドラムやギターの音が入って初めて曲として完成する感じです。



今後は、来年2月に開催される冬のIRの課題曲決選投票があります。
課題曲候補公示が12/24、投票が12/27と12/28になります。
皆さん、是非投票して下さい。

以上です。
今後もMOLを宜しくお願いします。
【こさいん】

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

2014年度秋のIR 中間報告

2014-11-23

11/8~11/16にかけて2014年度秋のIRの前半戦が開催されました。
現在は、後半戦が開催中です。
機種はボルテとドラムで、期間は11/22~11/30です。
MOLの皆さんには是非参加していただきたいと思います。



ここで、中間発表を行います。
チームの貢献スコアの合計と平均を以下に示します。

2014秋IR中間発表

結果は平均点によって決定しますので、非常に僅差ということになりますね。
どちらのチームも油断出来ませんので、相手チームに勝てるように頑張っていただきたいと思います。

貢献スコアは70点台と低めに見えますね。
しかし、現在は前半戦しか行っていませんので、全曲プレーしていただいた方も4曲しかプレーしていません。
つまり、後半の4曲が未プレーの状態です。
プレー曲数に応じた係数は、

 1 - 0.05 * (8 - プレー曲数)

で求められますので、前半戦で全曲プレーしていただいた方でも係数が0.8となっている状態です。
なので、0.8で割るという単純計算ですが、視覚的に分かりやすいIRスコアに直しますと、

文系 71.95 / 0.8 = 89.94
理系 72.01 / 0.8 = 90.01

となります。
後半戦も終了した後の正式な結果発表では、これくらいのスコアになるでしょう。



11/30まで開催されます、2014年度秋のIR後半戦も頑張っていきましょう!
秋のIRの打ち上げでは、勝利チームに所属且つ個人の貢献スコアが75.00以上の方に嬉しいことが起こります。
こちらもモチベーション上げの一つの要因としていただければと思います。

以上です。
今後もMOLをよろしくお願いいたします。
【こさいん】

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

2014年度春・夏のIR 講評

2014-09-28

2014年度春のIR
前半戦 5/4~5/11
後半戦 5/18~5/25

2014年度夏のIR
前半戦 8/9~8/17
後半戦 8/23~8/31

上記の日程でイベントが開催されました。
春のIRについては4ヶ月以上前の話になりますが、このタイミングでの結果発表となります。

OB・OGの方を含め、春のIRは22名、夏のIRは16名の方に参加していただきました。
参加していただいた方はありがとうございました!

以下、講評です。



 春のIR

春のIRはIR対象機種全機種を使用してのIRでした。
弐寺、ポップン、指、リフレク、ボルテ、DDR、ギター、ドラムの8機種です。
課題曲は

弐寺、リフレク、ボルテ、ドラム
 …FLOWER
ポップン、指、DDR、ギター
 …only my railgun

でした。

FLOWERは全体的に高難易度なため、点数が伸び悩んだなという印象です。
MOLの中では割とプレイヤー層が厚いリフレクとボルテでは高得点を出せる方も結構居ました。
弐寺はスコアが出しにくい譜面、ドラムは層が薄いことから結構やりにくかったのではないかと思います。
ドラムに関しては全員が係数による難易度調整でスコアを提出しています。
他の機種でも今までのIRよりは難易度調整でスコアを提出した方が多かったと感じました。
この制度は、難しい譜面にチャレンジをするよりも難易度を下げてでもスコアを狙ってほしいという意味合いで作りましたので、難しい譜面が多かった今回のIRでは効果が発揮されたかなと思います。

一方、only my railgunは全体的にやりやすかったと思います。
ポップンとギターは層が薄いため苦戦して難易度調整で提出した方も多かったですが、指とDDRは全体的にスコアが高かった印象です。
指はエクセが3人でした。

初めての全機種でのIRでした。
オールラウンダーな方は楽しいと感じていただけたら幸いですし、特定の機種しかやらない方は面倒で未提出が多かったかもしれません。
毎年春のIRはこのスタイルで行く予定なので、来年も全機種IR楽しんでいただけたら嬉しいです。



 夏のIR

夏のIRの対象機種はポップン、ボルテ、リフレク、ギターでした。
課題曲は以下の通りです。

 pop'n music
SUN/光線(デスボサ)
メニメニマニマニ

 SOUND VOLTEX
ナツノメイロ
華陽炎 -Hana Kagerou-

 REFLEC BEAT
灼熱Beach Side Bunny
milky ice bear

 GuitarFreaks
轟け!恋のビーンボール!! ~96バット砲炸裂!GITADORAシリーズMVP弾!~
Summer Holiday

ポップンはデスボサとメニマニです。
どちらの曲も、スコアを出せる人は出せる、出せない人は出せないという形だったと思います。
これはやはりポップンのプレイヤー層の薄さからくるものでしょう。
日頃からポップンをやっている方はスコアが高めで、IRのときだけやっていただける方はスコアが伸び悩んでいます。
これはプレイヤーの皆さんの問題ではなくて、課題曲の難易度設定の問題でしょう。
現在は簡単な方をレベル40近辺、難しい方をレベル45近辺から見つけるということになっていますが、レベル3~5ずつ下げた方がもっと皆さんが楽しめる課題曲になるかもしれないと思いました。
これはこさいんだけの意見でなくて、複数の方と導きだした意見です。

ボルテはナツノメイロと華陽炎です。
簡単な方が華陽炎、難しい方がナツノメイロという想定ですしレベル的にもそうなんですが、スコアは全体的にナツノメイロの方が高い気がします。
華陽炎はソフランがあったり24分が多かったりとスコアが出にくい要素が多いので仕方ないかもしれません。
それでも全体的にスコアは高く、ボルテの層の厚さを感じました。

リフレクは灼熱とmilky ice bearでした。
milky ice bearはレベル9にしては面倒だったかもしれませんが、IRスコアが98%を超えてる方が多いのでしっかりと詰めていただいたんだと思います。
灼熱は弐寺では皿譜面であまりにも有名ですが、リフレクでは完全なトリル譜面です。
トリル以前に上下振りも激しいですしそもそも10+なので、リフレクでは珍しく上位と下位でスコアの差が大きかったように思います。
春のFLOWERは10+の中でも簡単な立ち位置だったのでそこまで差は開かなかったんですが、灼熱レベルになるとIRの課題曲にするのは控えた方がいいかもしれませんね。

ギターはビーンボールとサマホリです。
個人的には、ギターが一番夏っぽい課題曲が選ばれたなと思います。
(ギターをプレーしていただいた方)=(全課題曲をプレーしたいただいた方)ということになったので、はっきり言って凄く人気が無かったなと感じます。
スコアのバラつきも恐らく、今までのIRの中で一番大きいですね。
高エントロピーです。



 春と夏のまとめ

ポップンとギタドラに関してはスコアのバラつきが特徴的ですが、難易度調整を利用してプレーしていただけるのは開催側としては嬉しい限りです。
しかし、あまりにも実スコアの欄がカラフル(黄と青だけですが)なのを見ると課題があるなと思いました。
ポップンとギタドラのプレイヤー層が厚くなることが一番の盛り上がりに繋がるんでしょうが、それは無理なお願いです。
より皆さんに楽しんでいただけるようなイベントを作れるように、精進したいと思います。



ちなみに、9月のマンスリーイベントは参加者がOB・OGの方を含め24名でした。
マンスリーイベントの参加者がIRの参加者を越えるのは予想外でした。
ポイントはIRに比べて入りませんが、同じMOLのイベントです。
楽しんでいただけたなら嬉しいです。

春のIR、夏のIR、9月のマンスリーイベントの結果は以下のWikiのページをご覧ください。
春のIR
夏のIR
9月のマンスリーイベント

2014年度も残り半分くらいですが、イベントや合同活動などを通して盛り上げていきたいと思います。
今後もMOLをよろしくお願いします。
【こさいん】

イベント コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。